リスクが少額の投資

私は、現在は自営業の手伝いをしています。自営業は、国民年金なので歳を取って働け無くなったら貰えるか分からないし、貰えても生活出来るか分からないという不安がつのります。サラリーマンにもリストラの不安も有るし、低賃金の非正規労働者が増えている世の中で将来の不安が無い人は少ないかもしれません。私は何とか働けるうちに、老後に困らないことをやらないとならないと感じて、株やFX等の投資も勉強したり自分でもしていました。投資なので、必ず儲かる保証は有りません。株は購入資金がたくさん必要だし、FXは少額だとリスクも少額ですが、回数をやらなくてはなりません。また、儲からなかった時の心的リスクも有りました。 かねてからずっと私は、歳を取ったら大家になりたいと考えていました。 家賃収入が有れば年金がもらえなくても助かると思ったからでした。

大家になるには、かなりの資金が必要だから、私は何とか資金を他のことで貯めることをいつも考えていました。ある日、友人達と食事に行った時に大手電気メーカーのサラリーマンも来ていました。彼は単身赴任中で一人の食事は寂しいから仲間に入ることになったのです。その方はサラリーマンですが、大家もやっていると言っていました。サラリーマンはローンが通りやすいからマンションを買って人に貸しているとのことでした。その家賃収入から別のマンションを購入して、二軒のマンションの大家をしています。マンションやアパートを建設しなくても、先にお金を用意しなくても、サラリーマンをしながら大家も出来るとは驚きで、私は目から鱗が落ちる思いがしました。 大家さんにも色々な人がいるので、情報を集めることも必要と感じました。私も大家になる夢に向かって邁進中です。